メンズ脱毛におけるレーザー脱毛の本当のところ

レーザー脱毛を使ってすぐにひげが生えてきた?

メンズ脱毛というと、やっぱりターゲットはひげでしょう。
ひげを薄くしたい、永久脱毛したいというのは、何か珍しいことではなくなりました。
だれでもできるようになったからこそ、失敗ということも起きてくるのです。

ひげ脱毛で失敗?

ひげ脱毛をすると、すぐ失敗したと騒ぐことがあるでしょう。
いろいろな原因があるのですが、当初は良かったなと思うのです。
それが数日すると、ひげが一斉に生えてきて、これは失敗だったと感じる失敗例があります。
施術を受けて数日は、間違いなくなくなった感じがするのです。
それが、わずか数日で生えてきてしまうという流れを考えなければいけません。
でも、これは失敗ではなかったことがわかるのです。

失敗だったかどうかを検証するうえで、どんなことをしたのかを考えなければいけません。
まず、この例は、レーザー脱毛で施術してもらったということです。
レーザー脱毛とは、レーザーの力を使い、黒いものに反応するようにすることで、毛穴にめがけて照射します。
熱エネルギーを利用しているため、焼ききっているといっていいでしょう。
かなりの脱毛サロンがおこなっている方法で、もっともメジャーであるといっても差し支えはありません。

次に、数日といっても、だいたい3日ぐらいという時間も重要になってくるでしょう。
これが数カ月というのであれば、毛周期で生えてきているということで失敗とは言えません。
ところがわずかな日数だからこそ、文句も出てきてしまうというわけです。

失敗なのではなく焼ききった結果

結論から言えば、これは失敗ではないでしょう。
自分でも脱毛をするためにいろいろと調べていますが、最も単純かもしれません。

レーザー脱毛は、熱で焼ききります。
ひげも肌から見える部分から焼ききられていくことになりますが、その長さは1日程度の伸びる分が燃えてしまうわけです。
そうなると、1日2日とひげは生えてきません。
正確には生えてきているのですが、肌の表面まで到達していないのです。
3日ぐらいたつと、一斉に肌の表面に到達するようになるため、生えてきているように見えます。
それも最初の数日は生えてきていませんから、生えてきたときのギャップも大きいでしょう。
だからこそ、これは失敗だったのだと思うのですが、脱毛は1回で終わらないということを考えれば、これは失敗でも何でもないのです。
これを何度も繰り返すからこそ、脱毛できるようになるのですから、こうした情報不足で失敗とは叫ばないようにしたいと思っています。